年齢と共に職場を変えていく看護師になりたいと思っています

看護学校へは地元医師会の奨学金を貰いながら通っていたので、看護学校卒業後は現在のこの医師会所属の個人の医院で働いていますけれど、5年の任期が終わったらこのような看護師人生を送ってみるのも面白いんじゃないかという計画があります。

 

 

 

それは自分の年代に応じて勤める【科】を変えていくのです。任期が終わるのは26才ですので、私も結婚適齢期になっています。出産の事も考えて【産婦人科】に勤めるのです。勤めながらいろいろと妊娠・出産に関する情報を集めることができますし、もし私が妊娠中も働いていたら勤務中に何かあってもお医者さんがすぐそばにいますのでとても安心です。当然出産もその病院で行います。

 

 

 

次に子供が産まれて1,2年したら【小児科】へ転職です。これも子供の怪我・病気の知識を得るためと、子供に何かあった場合にすぐに自分の勤務先の病院で診てもらう事ができるようにです。子供が15歳くらいになるまではこの病院で勤めます。

 

 

 

子供の手が離れ、私が40才を超えたぐらいからは特別養護老人ホームへの転職を考えています。私にはまだ両親が健在で今は元気な両親ですが、その頃になるとかなりの高齢になってきます。老人ホームに勤めながら介護の方法を今よりも詳しく知って、もし両親に介護が必要になった時に備えます。介護商品などの情報もいっぱい得ることができるでしょうから働いてみて損はないと思っています。

 

 

 

そして私が60才になったら看護師人生は終わりにします。どうでしょうか、私の計画は。その時の自分の置かれた状態に最も適した職場へ転職していくというアイデアですが、自分ではとても気に入っています。