看護師の仕事で大変なこと

看護師という職業につく上で大変なことはさまざまです。まず、実技演習が必要な国家資格ですから、家で机に向かっていれば取得できるというものではありません。看護学校や看護学部のある大学で学び、国家試験に合格する必要があります。

 

ここまででも大変だと思うことは多いと思いますが、試験を合格し資格を得てからも、看護師として働き出すと、思ってもみなかったことが起こります。人間を相手にする職業ですから、いつも心穏やかな人とばかり接するわけではないですし、何より患者さんはほとんど全員が体の具合が悪く、気持ちも不安定になっています。不安感を感じている方はとてもデリケートで、一人ひとり反応も違います。看護師として、そういった状況にうまく対応する必要があるでしょう。

 

また、自分と同じ病院で働く人々も看護師だけではありません。医者はもちろん、技師、薬剤師、事務職員など、立場や考え方の違う人がたくさんいます。そういった人々とのコミュニケーションも重要です。さらに、自分の所属する科によっても、忙しさ、患者さんの様子はがらりと違ってくるはずです。医療ミスなどないよう、細心の注意を払わなければならない職業である上に、それこそ対する人は千差万別、あらゆる人と接しなければなりません。

 

医療サービスの提供者、そして看護のプロフェッショナルとして、どんな状況、どんな人にも対応できる臨機応変さとコミュニケーション能力を身に着けることこそが、看護師として最も大変なことのひとつと言えるでしょう。